Advertising Next ~ 広告の”先”を考える。
株式会社アド・フェイス
営業時間 平日10:00~18:00

住宅業界におけるメールマーケティング活用のポイント-6-

メールマガジンとメールマーケティングの違い

メールを使ったお客様へのアプローチ方法の代表例は「メールマガジン(メルマガ)」です。メルマガは、企業がお客様に対して基本的に同じ情報を同時に一斉配信します。そのため、物販を主とする企業ならばセールやキャンペーンの開催情報などをメルマガとして配信することで、さまざまなタイミングでお客様にアプローチすることが可能です。しかし、住宅業界においてお客様のランクアップ(例えば営業マンとの面談の場をつくる、イベントに参加させるなど)を目的に考えた場合、「同内容・同時配信」のメルマガは適しているとは言いがたいのが実情です。住宅業界においてのメルマガは、お客様とのエンゲージメントを高める目的(会社情報や商品情報、サービスの案内)および既契約者のフォローに適しています。

 

メルマガとは異なり、メールマーケティングではお客様のニーズをカテゴリー別に分類し、それぞれのお客様の興味に合わせて内容を変更して配信します。またメールの開封率だけでなく、ホームページやランディングページへの遷移率・閲覧履歴も取得し分析することが可能です。そのため、よりダイレクトに見込み客にアプローチすることができます。また遷移率や閲覧履歴の分析からアプローチ内容のブラッシュアップや営業マンの行動を促すことができます。但しお客様のニーズをカテゴリーで分けるためそれぞれのカテゴリーに対応したメールテキストや遷移先のホームページ・ランディングページを用意しなければなりません。またCRM(=顧客との関係を構築・管理するマネジメント手法)との連携は不可欠です。


◆メールマーケティング コラム一覧
住宅業界におけるメールマーケティング活用のポイント-1-

注文住宅をご成約したお客様の90%は2年以上かけて検討する。
長期検討客のフォローはできていますか?

住宅業界におけるメールマーケティング活用のポイント-2-
現在、長期のお客様に対するアプローチの8割はDM送付
長期客に対して効果的なアプローチ手段はダイレクトメールとメールマーケティング

住宅業界におけるメールマーケティング活用のポイント-3-
メールの有効性~営業メールはどう受け止められているか

住宅業界におけるメールマーケティング活用のポイント-4-
長期客が「有望見込み客」になるタイミングを捉えるメールマーケティング
メールマーケティングの運用ステップ

住宅業界におけるメールマーケティング活用のポイント-5-
見込み客へのアプローチはメールとSNSのどちらが適しているか
住宅業界において未だ重要な位置を占めるメール

住宅業界におけるメールマーケティング活用のポイント-6-
メールマガジンとメールマーケティングの違い


No articles